製本・折り加工

 

製本と折り

 

パンフレットやリーフレットなど、印刷物の種類によって最後の工程は異なります。
4ページ以上の印刷物を本にする場合は製本加工、一枚の用紙を折り曲げて、見やすくコンパクトにする場合は折り加工。
製本加工、折り加工それぞれに仕上りの違いや用途に適した方法があるので、それらをご紹介します。

 

製本

 

製本には、ハードカバーと呼ばれる「上製本」と一般的な書籍に使われる「並製本」があります。

 

上製本

本の中身を糸や針金で綴じ、中身よりひとまわり大きめの固い表紙でくるむのが上製本で、一般的に「ハードカバー」と呼ばれる製本方法です。

固い表紙で保護されていることや、本の作りが頑丈なため長期間の保管に耐えられます。

重厚な雰囲気が好まれ、カタログ、写真集、辞典、記念誌などの製本に用いられます。

「かがり綴じ」

背の部分に糸を通して、接着剤で接合させる製本方法です。
開きやすく耐久性に優れているので、繰り返し閲覧する際に向いています。

本のノドいっぱいまで開くことが可能です。


 

● 上製本の製本様式は大きく分けて2種類あります。



 

●上製本の背の様式は本の目的に合わせて3種類のものがあります。

 

並製本

中身と表紙を同時にくるみ、仕上げ断ちした製本方法です。上製本とは異なり、表紙と中身は同じ大きさになります。
上製本に比べて工程が簡略化されているため、加工時間とコストを低く抑えられます。
コミック、雑誌、文庫など商業印刷物の製本に用いられます。

 

● 並製本には主に3種類の綴じ方があります。

「無線綴じ」

針金や糸をしようせず、本の背をのりで固めて綴じます。
比較的安価で、丈夫で長持ちします。

用 途:雑誌、文庫本、コミック など


「平綴じ」

本体の背の近くを、2、3カ所針金で閉じる方法です。
最も簡易な製本ですが、ノドいっぱいまで開くことができないため紙面のスペースがせまくなります。

用 途:報告書、小冊子 など


「中綴じ」

表紙と本体をひらいた状態で、折り目になる部分を針金などで綴じる方法です。背にあたる部分がないので、ページ数の多い本には不向きです。

用 途:週刊誌、雑誌、パンフレット など