有限会社 谷添写真工芸社

印刷・製版についてのご相談は神戸の谷添写真工芸社

お見積もりはこちらから

 

神戸名刺

 

 

HOME»  加工

加工

加工

加工とは、印刷物に箔やニスなどでコーティングしたり、特殊な形に切り抜いたりと、一般的な印刷にひと手間加えることです。
特別な加工を施すことで、一般的な印刷物とはひとあじ違った高級感が演出でき、受取った相手の印象に残りやすくなります。
また、耐久性を持たせたり水を弾くようにしたりと機能的な効果を与えることも可能です。
加工には数多くの種類があります。デザインや用途に合わせて使い分け、より効果的な印刷物を作りましょう。



製本へ


加工の種類

代表的な印刷の加工についてご紹介いたします。

エンボス加工

「エンボス(浮き出し)」

凹凸のある金属の版を使って紙に圧力を加え、文字や絵柄などを浮き上がらせる加工方法。
浮き上がらせることで素材に立体感が得られ、質感のある印刷物になります。
素材に凸をつける「エンボス」と、凹をつける「デボス」の2種類が有ります。

用 途:名刺、レターヘッド、パッケージ など
ライン

型抜きトムソン

「型抜き(トムソン)」

金属の刃がついた抜き型を使って、丸形やハート形など特殊な形に紙を打ち抜く加工方法。
特殊な形状の印刷物を作成したり、部分的なポイントとして丸形やハート形などを抜いたりできます。
別名をトムソン加工といいます。

用 途:カード、POP、仕掛け絵本 など

ライン


箔押し

「箔押し」

接着剤のついた箔を紙の上に乗せ、版を加熱しながら圧着させる加工方法。
金属板で圧力をかける際に、紙にエンボスができるのも特徴の一つです。
箔には金、銀、色箔と数種類あります。

用 途:パッケージ、書籍の表紙、グリーティングカード、シール など
ライン

角丸

「角 丸」

印刷物の角を丸くカットする加工方法。
名刺は3〜4㎜程度、ポストカードは5㎜程度が一般的な角丸のサイズです。
印刷物の角を丸くすることでやわらかいイメージに仕上がります。

用 途:名刺、ポストカード、ショップカード、クレジットカード など

ライン


ミシン目

「ミシン目」

紙を切り離しやすくするため、ミシン目状の切り込みを入れる加工方法。
チケットや回数券などを作成するときによく使用されます。

用 途:チケット、回数券、クーポン券、ショップカード など

ライン


ニス加工

「ニ ス」

印刷した後に、上からニスでコーティングする加工方法。
光沢とマットがあり、全体にニス引きする方法と、部分的にニス引きする方法があります。
ラミネート加工と比べ、紙の質感を損なわずに加工することが出来ます。

用 途:名刺、書籍の表紙、ポスター、パッケージ など

ライン