カラープルーフ出力

カラープルーフ

DDCP出力 ( direct digital coior proof ) ダイレクト・デジタル・カラー・プルーフ

デジタルデータを高精度のプリンターに直接出力するシステム。

当社では、フジフイルム製とキャノン製の2台の大型プリンターを仕事内容に応じて使い分け効率良く、そして高品質の簡易校正をご提供しています。

 

色味にこだわる本格派

 

PRIMO JET PRINTER PX-H1000(FUJI FILM Global Graphic Systems)

基本カラーチャートをリップ処理したデータからCTPの版を出力。その刷版を使用し本機で印刷する。

その印刷物を基本とし、Eye-One測色器で読み込んだデータを元にカラーマネージメントプロファイルを作成。そのプロファイルから色調整を行い、プリンターの出力で基本カラーチャートのプリンター出力で印刷物と同じ上がりに成る様に設定しています。

又、画像の演色にも基本カラーチャートをモニターに表示したさいに同じ色目に見える様、モニタープルーフと言う特別なモニターを採用しています。

その他にプリンターは、インクカートリッジの残料の変化で色変動を起したりするのですが、それらを補正するために自動測色器を搭載し、常に測定値を自動で読み取り補正を行う信頼性の高い色管理を実施しています。

 

 

速さにこだわる本格派

 

Image PRO GRAP ipf8400se(Canon)

出力スピードに優れているので、単色のページ物や色に対する要求度の低いどちらかといえば、質より量と言った内容の物に使用しています。