営業マンが伺います

営業マンが伺います!

 

お客様に、よりご理解・納得していただくために!

 

谷添写真工芸社は打ち合わせ、ヒアリングをとても大切に考えています。

お客様の要望を受けて、デザイン・レイアウトや印刷物を使う目的など、印刷物を制作のするために事前にヒアリングをさせていただきます。

お客様との打ち合わせで、お客様のイメージをヒアリング、そして経験豊富なスタッフが再現し、実践して参ります。

内容の検討、配置や表現方法について、経験豊富なスタッフのアドバイス・提案にもご期待ください。

 

 

印刷に関するお悩みを解決いたします!

 

印刷会社によって価格や納期が違う。

データ作成からお願いしたい。

印刷について知識がなく、丁寧な説明がほしい

不必要な印刷物を減らしたい、見直したい。

紙の実物や加工のサンプルを現物で確認したい。

印刷物や業者へこんな事を疑問に思いませんか?

印刷物の役割

 

紙媒体に限らず、印刷物は非常に身近な存在です。
ネットなどの電子媒体に比べて情報の伝達速度は遅いが、手にとって読む・見ることができます。

紙袋や包装紙などは、商品などを運び保護するだけでなく、PR・プロモーションの一部を担います。

情報発信・周知の主役はSNS・WEB関連に移行しています。

しかしながら、印刷物の役割はまだまだ重要です。
特に、電子媒体が苦手な世代や現物をもって読み込みたい、保存したいなどのニーズ対応していける媒体です。

印刷物の特性を活かして、SNSやWEBサイトへ誘導出来る手段、QRコード・バーコードなどを作成、反映することで、印刷物の役割を明確にできます。

 

印刷物に経験豊富なスタッフが対応します!

 

我社の長い歴史で、活版印刷時代、製版※1をメインに、そしてオフセット印刷の時代には、製版から印刷、加工までのノウハウを持って、様々な業種業態の印刷物を対応してきました。

様々な事例を活かし、お客様にベストの選択していただけるように取り進めて参ります。

特に、印刷の品質を決定づける製版技術、写真加工技術は高い評価を得ております。
当然のことながら、印刷の色に対するこだわり続けております。

印刷物の作成だけでなく、SNSやWEBサイトに公開できる、チラシ型のデータ作成も可能です。

 

製版※1とは?
製版とは、印刷をするために版を作ります。
その作業を製版といいます。
現在は印刷用に作成されたデータを直接印刷機にセットする版に出力をします。
版に出力する前に、写真の色調整、設定した色の確認など校正作業をします。
この段階で印刷の色合いが決定的になります。
印刷機で多少の調整は可能ではありますが、あくまでも微調整がメインとなります。

 

新型コロナ禍で打ち合わせについて

現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から人と会うこと、面談を繰り返し、進めていくことに、リスクがございます。

メールではお互いの要件だけになってしまう可能性もあります。
希望のお客様にはオンラインでも打ち合わせも可能です。

 

 

 

 

訪問エリアについては神戸市全域・明石・芦屋・西宮・尼崎となります。